プロミスのレディースキャシングとは

MENU

プロミスのレディースキャッシングで女性も安心

プロミス

プロミスの「レディースキャッシング」というサービスを聞いたことはありますか?

 

レディースキャッシングとは一言でいうと、「女性のためのカードローン」です。
女性でも安心してカードローンを利用できるため、消費者金融界でも最近注目されています。

 

では、いったい女性でも安心して利用できるポイントとは何でしょうか?
フリーキャッシングと比べて、何が違うのでしょうか?

 

こちらで詳しく解説していきます。

 

レディースキャッシングの特長

まずは、プロミスのレディースキャッシングの特長を2つ挙げてみました。
順番に、確認していきましょう。

 

@女性専用のフリーダイヤル

レディースキャッシング

消費者金融でお金を借りることに、なんとなく抵抗を感じる女性は多いです。
プロミスでは、そんな女性客が気軽に利用できるよう、通常のフリーキャッシングの電話窓口とは別にレディースキャッシング専用のフリーダイヤルを設けています。
女性専用電話なので、もちろん担当オペレーターは全員女性です。
顔の見えない電話でのやりとりですが、女性のオペレーターが担当だと、なんとなく安心しませんか?
女性同士なので、相談しにくい内容でも気兼ねなく聞くことができるかもしれませんね。

 

A学生や主婦でも申込みOK

レディースキャシング

「パートで働いているけれど、カードローンの審査が通るかしら…」
「カードローンの審査ってなんとなく厳しそう…」

 

そう悩む学生や主婦もいるかもしれません。

 

プロミスレディースは、アルバイトをしている学生パートで働く主婦でも、毎月ある程度の収入がある人なら申し込めます。
つまり、お金を借りるのに最低限の収入を満たせば、主婦や学生でも審査に通過する可能性は十分にあるということです。
もちろん、審査は慎重に行われますが、それほど過度に不安にならなくても大丈夫。
現時点で無職の人も、カードローンの審査の通過のために、アルバイトやパートを始めてみてはいかがでしょうか?

 

レディースキャッシングとフリーキャッシングの違いは?

 

プロミスのレディースキャッシングの特長を説明したので、女性に優しいサービスであることはわかっていただけたと思います。

 

では、そのサービス内容、条件について、レディースキャッシングとフリーキャッシングに違いはあるのでしょうか?
……実は、商品内容に違いはありません。

 

商品内容に違いはなし

融資可能限度額、金利、審査の難易度など、すべてにおいて、男女による差はありません。
全く同じ質のサービスを受けるうえで、その第一歩を踏み出しやすいようにとの配慮から生まれたのがレディースキャシングです。
むしろ、そのような安心感を無料で得られるという意味では、女性にとって、プロミスのレディースキャッシングはお得だと言えそうですね。

 

プロミス利用のメリット・デメリット

 

サービス内容そのものは通常のサービスと同じである、プロミスのレディースキャッシング。
そのサービス内容についての理解を深めるため、プロミスのメリットデメリットをいくつか確認してみましょう。

 

プロミスを利用するメリット

メリット

@初回無利息サービスは「借入日から」

 

 

プロミスで初めて契約する人は、30日間無利息サービスを受けることができます。
このようなサービスは、他の消費者金融でも取り入れているところがあります。

 

ここでは、「無利息期間がスタートするタイミングに着目してみましょう。
プロミスの30日間無利息サービスの開始日は「初回出金日」、つまり初めてお金を借りたその日です。

 

同じようなサービスを行っているアコムやアイフルは、この開始日を「契約日」としています。
そのため、契約した日にお金を借りられないと、無利息の時間をムダにしてしまうことになるのです。

 

お金の問題となると、このわずかな時間差も大きいですよね。
こういった小さな差は、いざ利用するときになると、大きな安心感、メリットとして実感することになるでしょう。

 

A少額の借入の金利が低い

 

 

商品を決める際、決定的となる要素のひとつに「金利(利息)」があります。
金融機関から融資を受ける際に、利息は避けては通れません。
少しでも安い利息で抑えるために、金利は慎重に比較したいですよね。

 

プロミス以外の人気カードキャッシング2社、アコムとアイフルを含めて、金利を比較してみましょう。

 

【プロミス、アコム、アイフルの金利比較】

会社名

(下限金利)~(上限金利)

プロミス

4.5%~17.8%

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

3.0%~18.0%

 

ここでみなさんに着目してほしいのは、右側の上限金利
基本的には、借りる金額が少額であればあるほど、上限金利に近い数字が適用されます。

 

プロミスの上限金利の数字は、他社と比べてわずかに低いです。
つまり、少額の借入であれば、プロミスは他社と比べて低利息なことがわかります。

 

友人の結婚式ラッシュや、有給を使ってのプチ旅行など、女性にとって突然の出費はつきもの。
プロミスでは、利用限度額の範囲内であれば、希望の金額を借りられるので、1万円や5万円といった少額の借入が可能。
そしてプロミスであれば、他社と比較して少額の借入がおトクなのです。

 

B返済負担額が低い

 

 

カードローンはお金を借りますので、当たり前ですが返済しなければなりません。
どこのカードローンでも毎月の最小返済額が定められているので、この金額が低ければ、月々の負担を抑えて返済できることになります。

 

最小返済額にかかる割合をプロミスとアコムで比較してみましょう。

 

【プロミスとアコムの最小返済額の割合】

借入れ金額 プロミス アコム
~30万円 3.61%(1,000円未満切上げ) 4.2%以上
30万円~100万円 2.53%(1,000円未満切上げ) 3.0%以上
100万円~ 1.99%(1,000円未満切上げ)

3.0%以上
2.5%以上
2.0%以上
1.5%以上


割合で比較すると、プロミスの方がなんとなく低いような気がしますね。
しかし、これだとそれぞれで計算する基準がが違うので、少し分かりにくいかもしれません。

 

そこで、「50万円を借入した」と仮定した場合の最小返済額で比較してみました。

◇プロミス
借入金額50万円×2.53%=1万2,650円⇒最小返済額1万3,000円

 

◇アコム 
借入金額50万円×3.0%=1万5,000円 ⇒最小返済額1万5,000円

実際に計算してみると、分かりやすいですね。
今回は50万円で比較しましたが、30万円や100万円で計算してもプロミスに軍配が上がりました。

 

このように、人気他社と比較することで、プロミスは最小返済額を抑えて返済ができることが分かります。
自分のペースで月々の返済できるのは、嬉しいポイントですね。

 

プロミスを利用するデメリット

デメリット

@多額の借入であれば金利が高い

 

 

みなさんの中に、下限金利を比較して、
「他社が3.0%に対して、プロミスは4.5%だから、プロミスって高いんじゃないの?」
と思った人はいませんか?

 

確かに、プロミスは他社と比べて下限金利が高いです。

 

しかし、下限金利が適用されるのは、基本的に最高限度額が設定された場合のみ。
プロミスの場合は500万円が最高限度額です。

 

消費者金融は年収の3分の1以上の借入れはできないので、プロミスで金利4.5%で借入れするためには、年収がおよそ2,250万円必要です。

 

少額の借入を検討しているなら気にする必要はありませんが、500万円ぐらい借りたい人にとっては不向きかもしれませんね。

 


 

プロミスレディースは、融資を受けることが初めての女性にとっては
サービス、知名度、金利、最小返済額の安さからも安心して利用することができるサービスだと思います。

 

「女性でキャッシングに興味があるけど、周りに聞ける友人がいない」
「女性だけど、キャッシングを利用してみたい」
「キャッシングを利用してみたいけど、初めてでどうすればよいかわからない」

 

どこのキャッシングを利用するか迷っている女性のみなさん、一度プロミスのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
プロミスのレディースキャッシングに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 

プロミス審査在籍確認のトップページへ戻る