プロミス利用が住宅ローン利用に与える影響

MENU

プロミスで借入があると住宅ローンにどのように影響する?

「家を買いたいけどお金がない……」

 

そんな悩みを解決する手段の1つが「住宅ローン」ですよね。

 

しかし、消費者金融からの借金があると住宅ローンが組めないという噂があります。
プロミスのカードローンの返済が残っている人は本当に、住宅ローンの審査に通ることができないのでしょうか?

プロミス

結論から述べると、プロミスでの借入が、住宅ローンの審査落ちの理由に直結することはありません!
ただ、借入の金額や返済状況によってはマイナスの印象を与えることになりかねないのは事実です。

 

直接の原因にはならないが影響する可能性がある、ということについて、このページで詳しく解説できればと思います。

 

 

そもそもプロミスのカードローンと住宅ローンって何が違う?

 

「プロミスのカードローン」「住宅ローン」は借り入れる金額や用途が異なります。

 

プロミスのカードローンは、借りたお金を自由な目的に使うことができます。
生活費の足しや趣味への出費など、低額で借入を受けたいユーザーが多く、審査も比較的通りやすくなっています。

 

一方の住宅ローンは、「住宅に関するための資金」での利用しか認められていないローンです。
そのため借入金額は高額になり、長期にわたって返済していくことになります。

 

審査では「本当に住宅のためにお金を借りるのか」という点も確認するため、証明書も提出する必要があります。
プロミスのカードローンと比べると、審査基準は厳しいでしょう。

 

住宅ローンではどんなことが審査される?

住宅ローン審査項目

それでは、住宅ローンの審査でチェックされる項目を把握しておきましょう。

 

住宅ローンで貸し出すお金は大きな金額になるので、そのぶん審査項目は多く、内容もしっかり見られます。

 

例えば、

・完済時年齢
・健康状態
・借入時年齢
・勤続年数
・年収
・連帯保証
・返済負担率
・信用情報

などなど

 

審査項目は金融機関によっても様々ですが、上記の項目は多くの機関がチェックしています。
信用情報のチェックにおいてはカードローンの借入情報も見られることになるので、プロミスのカードローンを利用していれば、その履歴が審査の判断材料になる可能性があります。

 

なぜカードローンの履歴がチェックされる?

 

住宅ローンの審査でプロミスをはじめとしたカードローンの利用履歴がチェックされる理由……。
そのひとつは、カードローンの返済が住宅ローンの返済の妨げになる可能性があるからです。

 

仮に、住宅ローンとプロミスのカードローンの返済が重なっているとしましょう。
当然ながら、月々の返済の負担は大きくなります。
住宅ローン以外に返済するローンや債務を追っている場合は、「住宅ローンを申し込んでも、ちゃんと返してもらえるのか?」という不信感に繋がりかねないのです。

 

つまり、金融機関に信用してもらないと、住宅ローンを受けることができません。
逆に考えれば、「この人はちゃんとお金を返せる人間だ」と思ってもらえれば、審査を通過することができるともいえます。

 

プロミスで借入履歴があるけど、住宅ローンを組みたいあなたへ

住宅ローン

ここまでの内容を読んだ人の中には、「プロミスで借入があるけど住宅ローンを組みたい」という人もいるのではないでしょうか?
ここからは、いま現在プロミスからの借入が残っている場合と、すでに完済済みの場合にパターン分けし、どのように影響が出るのかイメージしてみましょう。

 

【プロミスを現在利用中の場合】

プロミスを現在利用中の場合、少なからず住宅ローンに影響してしまいます。
特に、プロミスの他にも消費者金融や信販会社など、複数から借り入れを行っている場合は、審査前に断られてしまうケースもあるようです。

 

上記でも案内した通り、カードローンを利用している場合は、信用情報も確認されます。

 

そもそも返済していけるだけの収入があるか、という点の確認はもちろんですが、
プロミスのカードローンの滞納返済日遅れがないか、という点から信用度を見極められることになります。

 

そうして、返済能力がある! 信用できる! と判断されれば、住宅ローンの審査を通ることができるのです。

 

また、現時点で完済が可能ということであれば、完済してから住宅ローンに申し込むことも一つの手段です。

 

プロミスでは月々の返済の他に、一括返済が可能です。
お近くの窓口で金利計算と振込金額を確認し、その場で返済を完了させることができます。
完済は、住宅ローンの審査通過の一番の近道といえるでしょう。

 

ただし、完済後も注意点があります。それは、次の項目でご案内いたしましょう。

 

【プロミス完済済みの場合】

「プロミスの利用経験があるけれど、もう完済してるから大丈夫だろう!」
と思う人もいると思いますが、実はまだ油断はできません。

 

プロミスを完済しても、利用履歴として信用情報に5年間は記録され続けます。
5年経過して記録が消えたとしても契約中であることに変わりはないため、これが利用中とみなされて審査に影響することもあります。
今後、プロミスを利用する予定がなければ、解約しておくことも一つの手段です。

 

返済が残っているよりも、完済しているほうが審査に影響が少ないことは間違いありません。
ただし、多少なりとも影響があることは頭の片隅にでも置いておいて下さい。

 

 

 

プロミスが住宅ローンにどのような影響があるのか、お分かりいただけましたでしょうか。
プロミスから借入れているからと言って、必ずしも審査に通らないというわけではありません。
審査においては返済能力信用力のある人間かどうかが合否と分かれ目になるということですね。

 

住宅は人生で最大級の買い物です。
住宅ローンを有効に活用し、夢のマイホームを手に入れるお力になれれば幸いです。

 

プロミス審査在籍確認のトップページへ戻る